サッカー日本代表 次期監督 クリンスマン氏を否定 田嶋会長

サッカー日本代表 次期監督 クリンスマン氏を否定 田嶋会長
サッカー日本代表の次の監督について、日本サッカー協会の田嶋幸三会長は、候補の一人として注目されている元ドイツ代表監督のユルゲン・クリンスマン氏の就任の可能性を否定しました。
田嶋会長はワールドカップの準決勝などを視察するため、10日再びロシアに向けて出発し、成田空港で取材に応じました。

田嶋会長は、次の監督候補の一人として注目されている元ドイツ代表監督のクリンスマン氏について「優秀な人だし人柄もすばらしいが、自分の気持ちの中では全くなかった。今回は会ってもいないし、99%ない」と話し、就任の可能性を否定しました。

クリンスマン氏をめぐっては、日本サッカー協会の幹部が今月末で退任する西野朗監督の後任候補として接触したという情報がありましたが、クリンスマン氏本人も7日にツイッターで監督就任の可能性を否定していました。

そのうえで田嶋会長は次の監督について、今月20日の技術委員会で議論をしてもらうと改めて強調し、「日本代表が帰国したあともロシアで視察を続けている技術委員会の関塚隆委員長と会って調整を進める。国内・海外から売り込みは来ている。日本のサッカーの発展に寄与してくれる人なら国籍は関係ない」と話し、日本人、外国人を問わず候補の絞り込みを進めていくという考えを示しました。