豪雨 自動車メーカー 一部工場で操業停止続く

豪雨 自動車メーカー 一部工場で操業停止続く
今回の記録的な豪雨の影響で、自動車メーカーでは、マツダが11日も工場の操業を休止することを決めるなど影響が続いています。
このうち、マツダは、広島県府中町と山口県防府市にある工場で、出勤が難しい従業員もいることから7日から操業を停止しています。

中国地方にある部品メーカーの工場で浸水などの被害が出ているということで、マツダは部品の調達が難しいとして、11日も工場の操業を休止することを決めました。

トヨタ自動車は、福岡県宮若市にある宮田工場について、中国地方や九州からの部品の供給が滞っているため、10日の夜間の操業を一部の生産ラインで停止しました。

11日は、部品を確保するめどが立ったとして通常どおり稼働するということです。
このうち、マツダは、広島県府中町と山口県防府市にある工場で、出勤が難しい従業員もいることから7日から操業を停止しています。

中国地方にある部品メーカーの工場で浸水などの被害が出ているということで、マツダは部品の調達が難しいとして、11日も工場の操業を休止することを決めました。

トヨタ自動車は、福岡県宮若市にある宮田工場について、中国地方や九州からの部品の供給が滞っているため、10日の夜間の操業を一部の生産ラインで停止しました。

11日は、部品を確保するめどが立ったとして通常どおり稼働するということです。
▽三菱自動車工業
岡山県倉敷市の水島製作所について、市内で甚大な被害が出て、出勤が難しい従業員もいることなどから、10日の操業を停止し、11日も生産を見合わせることを決めました。
▽三菱ふそうトラック・バス
9日午後から、川崎市にある車両の組み立て工場の操業を停止していますが、部品の在庫を確保できる見通しが立ったことから、11日から操業を再開することを決めました。