台風8号 宮古島地方が暴風域に 暴風や高波に厳重警戒

台風8号 宮古島地方が暴風域に 暴風や高波に厳重警戒
k10011525871_201807101022_201807101023.mp4
非常に強い台風8号は沖縄県の南の海上を西寄りに進み、宮古島地方が暴風域に入りました。先島諸島ではこれから猛烈な風が吹く見込みで、気象庁は、暴風や高波に厳重に警戒し、周囲の状況が悪化する前に早めに避難するなど安全を確保するよう呼びかけています。
気象庁の発表によりますと、非常に強い台風8号は、10日午前11時には沖縄県の宮古島の東南東150キロの海上を1時間に30キロの速さで西北西へ進んでいるとみられます。

中心の気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、中心から半径190キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

沖縄県の宮古島地方が台風の暴風域に入りました。

台風の接近に伴って沖縄県では風が非常に強まって、最大瞬間風速は
▽南城市で午前9時ごろに33.7メートル、
▽宮古島に近い下地島空港で午前10時20分に30.9メートルを観測しました。

台風はこのあとも西寄りに進む見込みで、先島諸島では11日にかけて猛烈な風が吹く見込みで、最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルに達すると予想されています。

海上の波の高さは先島諸島で12メートル、沖縄本島地方で9メートルと猛烈にしけるほか、鹿児島県の奄美地方でも大しけになる見込みです。

雨も強まり、先島諸島では夕方ごろから雷を伴って1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降るおそれがあります。

11日朝までの24時間に降る雨の量は多いところで350ミリと予想され、その後、11日朝から12日の朝までにさらに100ミリから150ミリの雨が降るおそれがあります。

気象庁は、暴風や高波に厳重に警戒し、周囲の状況が悪化する前に早めに避難するなど安全を確保するよう呼びかけています。