安倍首相 歴訪中止で電話首脳会談

安倍首相 歴訪中止で電話首脳会談
k10011525531_201807100442_201807100532.mp4
記録的な豪雨による被害を受けて、ベルギーなど4か国歴訪を中止した安倍総理大臣は9日夜、会談を予定していたEU=ヨーロッパ連合のユンケル委員長などと電話で会談し、経緯を説明したのに対し、各国の首脳は安倍総理大臣の判断に理解を示しました。
記録的な豪雨で甚大な被害が出ていることを受けて、安倍総理大臣は、11日から予定していた、ベルギー、フランス、サウジアラビア、エジプトの4か国の歴訪を中止することを決めました。

これを受けて安倍総理大臣は9日夜、会談を予定していたEU=ヨーロッパ連合のユンケル委員長やエジプトのシシ大統領、それにサウジアラビアのサルマン国王と相次いで電話で会談し、災害対応を優先するため、訪問を急きょ中止した経緯などについて説明しました。

これに対し、ユンケル委員長など各国の首脳は「被災者に対して心からお見舞いを申し上げる」などと述べ、安倍総理大臣の判断に理解を示しました。

またベルギーの首都ブリュッセルで行う予定となっていた、EUとのEPA=経済連携協定の署名式については、来週17日に行う定期首脳協議に合わせて行う方向で調整を進めることで一致しました。