サッカーW杯 ロシア大会開幕でセレモニー

サッカーW杯 ロシア大会開幕でセレモニー
サッカーワールドカップロシア大会の開幕戦が行われるモスクワのスタジアムでは14日、開幕セレモニーが行われました。
セレモニーは、開催国ロシアとサウジアラビアの開幕戦が行われるモスクワのルジニキスタジアムで、午後5時半から始まりました。

はじめにブラジル代表として、2002年の日韓大会などワールドカップに4回出場したロナウドさんが登場し、大きな歓声で迎えられました。

そして、イギリスの歌手、ロビー・ウィリアムズさんやロシアのソプラノ歌手のアイーダ・ガリフリナさんが軽快な音楽で盛り上げ、地元、モスクワのダンサーたちがカラフルな衣装で会場を駆け巡りました。

最後に、ロシア大会の公式マスコットなどが登場して30分間のセレモニーを締めくくりました。

会場にはロシアのプーチン大統領やFIFA=国際サッカー連盟のインファンティーノ会長も出席し、歓迎のスピーチをしていました。

およそ8万人を収容するスタジアムには、大勢のファンが詰めかけ、写真を撮ったり、セレモニーの音楽に体を揺らしたりしながら思い思いに楽しみ、4年に1度のサッカーの祭典が始まる高揚感を味わっていました。