“韓国駐留の米軍 縮小や撤退の必要なし”日米防衛相

“韓国駐留の米軍 縮小や撤退の必要なし”日米防衛相
米朝首脳会談を受けて、小野寺防衛大臣は14日夜、アメリカのマティス国防長官と電話で会談しました。トランプ大統領が将来的な縮小・撤退に言及した在韓米軍について、東アジア地域の安全保障にとって重要だとして、縮小や撤退の必要はないという認識で一致しました。
この中で、小野寺大臣は「北朝鮮のすべての大量破壊兵器やあらゆる射程の弾道ミサイルの廃棄に向けて、日米が緊密に連携し、引き続き国連安保理決議の完全な履行を求めていく必要がある」と述べました。

また、小野寺大臣は、トランプ大統領が将来的な縮小・撤退に言及した韓国に駐留するアメリカ軍について、東アジア地域の安全保障にとって重要だとして、現在の規模を維持するよう求めました。

これに対し、マティス長官も「縮小などは検討していない」と述べ、在韓米軍の縮小や撤退の必要はないという認識で一致しました。

さらに、北朝鮮による洋上での物資の積み替え、いわゆる「瀬取り」の監視を続けるとともに、弾道ミサイルへの警戒監視も継続することで一致しました。

一方、会談では、トランプ大統領が言及した米韓合同軍事演習の中止の可能性について、マティス長官は「韓国との間で調整中だ」と述べたということです。また、自衛隊とアメリカ軍による共同訓練は、これまでどおり行っていくことを確認しました。