日朝首脳会談 新党大地 鈴木氏「総理は実現を模索」

日朝首脳会談 新党大地 鈴木氏「総理は実現を模索」
史上初の米朝首脳会談を受けて、新党大地の鈴木宗男代表は、安倍総理大臣と会談したあと、記者団に対し、安倍総理大臣は、北朝鮮の非核化をめぐる米朝協議の行方を見極めながら、日朝首脳会談の実現を模索していくとの見方を示しました。
安倍総理大臣は14日夕方、総理大臣官邸で新党大地の鈴木宗男代表と会談し、12日にシンガポールで行われた史上初の米朝首脳会談などをめぐり意見を交わしました。

このあと、鈴木氏は、記者団に対し「安倍総理大臣は『米朝首脳会談が行われたこと自体が画期的なことで、大きなスタートだ』と話していた」と述べました。

そのうえで、鈴木氏は「安倍総理大臣は日朝首脳会談について、『アメリカのポンペイオ国務長官ら高官レベルによる米朝間の交渉の流れなどを見極めながら、多面的、重層的に対応を考えていく』と話していた」と述べ、安倍総理大臣は北朝鮮の非核化をめぐる米朝協議の行方を見極めながら、日朝首脳会談の実現を模索していくとの見方を示しました。