北朝鮮 米朝首脳会談のキム委員長動静をテレビ放送

北朝鮮 米朝首脳会談のキム委員長動静をテレビ放送
北朝鮮国営の朝鮮中央テレビは14日午後、米朝首脳会談のため、シンガポールを訪問したキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の動静をまとめた記録映画を放送しました。
記録映画は、今月10日にピョンヤンを出発し、13日朝、帰国するまでのキム委員長の動静をおよそ40分にまとめています。

このうち、キム委員長の車列がシンガポール市内を移動する場面では、沿道に大勢の市民が集まり、「重大な歴史的瞬間を自国で迎えるシンガポールの市民たちは感動を抑え切れず、キム委員長に多くの尊敬心を抱いて、熱烈に歓迎した」と伝えています。

また、宿泊先の高級ホテルの様子を撮影した映像では、豪華なインテリアがそろえられた部屋で、キム委員長が赤色のソファに深々と腰をかけ、側近たちと談笑している様子がわかります。

このほか、キム委員長が有名ホテルの展望デッキからシンガポールの夜景を見渡したり、コンテナが山積みになった港を視察したりする場面では、キム委員長が「シンガポールの知識と経験を学んでいこうと思うと述べた」と伝えています。

そして、米朝首脳会談の当日の場面は、トランプ大統領と握手したり、談笑したりする場面を詳しく伝える一方で、共同声明に署名する直前の、控え室の映像では、キム委員長が、キム・ヨンチョル副委員長とチェ・ソニ外務次官と真剣な表情で打ち合わせをしている様子もわかります。

記録映画の最後は、帰国直後のピョンヤンの空港の映像で、国旗や花を持った大勢の市民がキム委員長を出迎えたと伝えています。