IR法案 野党 国交相の不信任案提出 会期末控え与野党攻防続く

IR法案 野党 国交相の不信任案提出 会期末控え与野党攻防続く
カジノを含むIR=統合型リゾート施設の整備法案の国会審議をめぐり、野党側が提出した衆議院内閣委員長の解任決議案は、14日の衆議院本会議で否決されました。野党側は、採決を阻止したいとして、法案を所管する石井国土交通大臣に対する不信任決議案を衆議院に提出しました。
衆議院内閣委員会でのカジノを含むIR整備法案の審議をめぐり、立憲民主党などが12日衆議院に提出した山際委員長の解任決議案は、14日午後開かれた衆議院本会議で審議が行われました。

そして、採決の結果、決議案は、自民・公明両党のほか、日本維新の会や希望の党などの反対多数で否決されました。

これを受けて、衆議院内閣委員会の理事懇談会が開かれ、15日にカジノを含むIR整備法案の採決を行うことを再び山際委員長の職権で決めました。

これに対し、立憲民主党などは、採決を阻止したいとして、法案を所管する石井国土交通大臣に対する不信任決議案を衆議院に提出しました。

与党側は、不信任決議案を15日午後の衆議院本会議で否決したうえで、15日中に内閣委員会で採決を行う構えで、来週20日の会期末を前に与野党の攻防が続いています。