自民 日朝首脳会談に期待する意見や安保に懸念の声も

自民 日朝首脳会談に期待する意見や安保に懸念の声も
史上初の米朝首脳会談を受けて、自民党の各派閥の会合では拉致問題を解決するために日朝首脳会談に期待する意見や、アメリカのトランプ大統領が北朝鮮との交渉次第では韓国との合同軍事演習の中止も検討する考えを示したことに懸念が出されました。
このうち、竹下総務会長は「安倍総理大臣は『自分の時代に拉致問題は必ず解決する』と言い続けてきており、腹をくくってしっかりと日朝の話し合いに臨んでもらいたい。われわれはそれを全面的に支持していく」と述べました。

山東・元参議院副議長は「これからは安倍総理大臣の出番だ。私どもの悲願である拉致問題の解決に向け、したたかな外交手腕をぜひとも発揮していただきたい」と述べました。

また、伊吹・元衆議院議長は「拉致問題に誠実な回答がない場合はもちろんだが、非核化が実現する前に日本が経済協力の一翼を担うことはやめなければいけない。日本を抜きにある程度の額の援助はできず、ここは踏ん張りどころだ」と指摘しました。

一方、トランプ大統領が、北朝鮮との交渉次第では韓国との合同軍事演習の中止も検討する考えを示したことについて、岸田政務調査会長は「日本の外交安全保障政策そのものが大きく変わる可能性もある。日本にとっては大変難しい判断を求められ、日本外交の底力がこれから試される」と指摘しました。

また、石破・元幹事長は「今後の日本の安全保障についてあらゆる可能性を検討して、日米の首脳どうしできちんと確認をしてくぎを刺していかなけばならない」と述べました。