住宅火災 2人死亡 父親と娘か 大阪 阿倍野

住宅火災 2人死亡 父親と娘か 大阪 阿倍野
k10011477321_201806140729_201806140730.mp4
14日朝早く、大阪阿倍野区で住宅1棟が焼ける火事があり、焼け跡から2人が遺体で見つかりました。警察は、亡くなったのは、この家に住む70代の男性と40代の娘と見て確認を進めています。
14日午前4時前、大阪阿倍野区桃ヶ池町の住宅から火が出ていると、近くに住む女性から消防に通報がありました。

消防車が出て消火に当たり、火はおよそ30分後にほぼ消し止められましたが、木造2階建ての住宅1棟が焼け、1階部分から男性と女性の遺体が見つかりました。

警察によりますと、この家には、70代の男性とその妻、それに40代の娘の合わせて3人が暮らしていて、妻は手に軽いやけどをして病院に運ばれましたが、男性と娘とは、連絡が取れなくなっているということです。

警察は、亡くなったのは男性と娘と見て確認を進めるとともに、火事の原因を詳しく調べることにしています。

現場はJR阪和線の南田辺駅から北西におよそ250メートル離れた住宅地です。