静岡 伊東市の前市長を収賄容疑で捜査 土地の買い取りめぐり

静岡 伊東市の前市長を収賄容疑で捜査 土地の買い取りめぐり
k10011477201_201806140515_201806140516.mp4
静岡県伊東市の前の市長が、地元の建設会社が所有するホテルの跡地を市で買い取る約束をした見返りに建設会社の役員から現金1000万円を受け取った疑いがあるとして、警視庁が収賄の疑いで本格的に捜査を進めていることが捜査関係者への取材でわかりました。
捜査関係者によりますと、収賄の疑いが持たれているのは、静岡県伊東市の佃弘巳前市長(71)で、市長在任中の平成27年、地元の建設会社が所有する市内にあるおよそ4000平方メートルのホテルの跡地を市で買い取る約束をした見返りに建設会社の役員から現金1000万円を受け取った疑いが持たれています。

ホテルの跡地は、平成26年に地元の建設会社がおよそ4800万円で購入し、翌平成27年、市に2億円余りで売却されています。

市の議事録などによりますと、この契約は前市長みずからが指示して進めたもので、市は生涯学習施設を建設するために土地を購入したと説明していましたが、土地は現在もさら地のままになっています。

警視庁は、前市長が土地を市で購入する見返りに建設会社の役員から現金を受け取った疑いがあるとして、本格的に捜査を進めています。