西武 2年目の今井がプロ初先発初勝利

西武 2年目の今井がプロ初先発初勝利
プロ野球の交流戦は6試合が行われ、西武がヤクルトに7対4で勝ち、2年目の今井投手がプロ初先発初勝利をあげました。西武は、1点を追う4回、外崎選手とメヒア選手の連続ホームランで逆転し、その後も追加点を奪いました。おととしの夏の甲子園優勝投手で、プロ初先発の今井投手は6回をヒット5本、1失点の好投で初勝利をあげ、チームの連敗を「3」で止めました。ヤクルトは連勝が「3」で止まりました。
日本ハムは2点を追う4回、2番の大田選手から3連続タイムリーで逆転し、5番のレアード選手の13号スリーランホームランでリードを広げました。先発の上沢投手は6回3失点で6勝目をあげ、日本ハムは連敗を「4」で止めました。阪神は終盤に追い上げましたが、あと1本が出ませんでした。

日本ハム8-7阪神

日本ハムは2点を追う4回、2番の大田選手から3連続タイムリーで逆転し、5番のレアード選手の13号スリーランホームランでリードを広げました。先発の上沢投手は6回3失点で6勝目をあげ、日本ハムは連敗を「4」で止めました。阪神は終盤に追い上げましたが、あと1本が出ませんでした。

ソフトバンク4-2巨人

ソフトバンクは1点を追う5回に市川選手の2号ツーランで逆転しました。先発した攝津投手は6回途中2失点でヒットも3本に抑え、2勝目をあげました。敗れた巨人は、連勝が「3」で止まりました。

オリックス12-5広島

オリックスは1点を追う5回に2番の大城選手から4連続タイムリーヒットで逆転し、7回にはT-岡田選手がこの試合2本目となる8号スリーランホームランを打って突き放しました。広島は、先発の岡田投手が試合を作れませんでした。

ロッテ6-1DeNA

ロッテは同点の3回、角中選手のタイムリーヒットで1点を勝ち越し、5回には清田選手が2点タイムリーを打って得点を重ねました。先発の有吉投手は7回1失点の好投で2勝目をあげ、ロッテは3連勝で勝率を5割に戻しました。DeNAは、佐野選手のホームランによる1点に抑えられました。

楽天3-6中日

中日は同点の6回、アルモンテ選手の10号ホームランと大野奨太選手のタイムリーヒットで2点を勝ち越し、その後も得点を重ねました。先発の小笠原投手は7回途中2失点で、4月6日以来となる2勝目をあげました。楽天は、投手陣が粘れませんでした。