東京 渋谷の路上 男性切られけが 男が現場から逃走

東京 渋谷の路上 男性切られけが 男が現場から逃走
k10011444181_201805190611_201805190611.mp4
18日夜、東京 渋谷区の路上で40代の男性が首を刃物で切られてけがをしましたが、命に別状はないということです。切りつけた男は現場から逃走し、警視庁が傷害事件として行方を捜査しています。
18日午後9時半ごろ、東京 渋谷区神山町の路上で男性1人が男に刃物で切りつけられたと、通りかかった人が110番通報しました。

警視庁によりますと、被害者の男性は40代で、首を切られてけがをしましたが意識はあり、命に別状はないということです。

現場はNHK放送センターのすぐ近くで、30代くらいの男が代々木公園の方向に走って逃げていくのが目撃されていて、警視庁が傷害事件として行方を捜査しています。

事件の直後に現場付近を通りかかったNHKの職員は「『警察を呼んでくれ』という声が聞こえて駆け寄ると、男性がのどの辺りから血を流してうずくまっていた。男性は話ができる状態で、『帰宅途中に突然、後ろからきた男にやられた』と言っていた」と話していました。

目撃した人たちは

目撃した女性は「私が道を通っている時に、男性が『助けてくれ、助けてくれ』と言っていて、最初は状況が分からなくて通り過ぎましたが、後ろを通った別の男性が出血に気づいて、すぐに救急車を呼びました。切られた傷は見ていないが、首の右側から出血していました。切られた男性は立って叫んでいました」と話していました。

目撃した男性は「目の前で『110番してくれ』と叫んでいる男性がいて、首から血を流していたので、私が止血をしました。切られた男性は、『何だか知らないけど、後ろから切られた。何で俺がやられたんだ』と言っていました。救急車で運ばれる際も意識はありました」と話していました。