英 暗殺未遂事件の元ロシアスパイが回復して退院

英 暗殺未遂事件の元ロシアスパイが回復して退院
イギリスで、ロシアの元スパイとその娘が神経剤によって命を狙われたとされる暗殺未遂事件で、地元の病院はこの元スパイの男性が順調に回復し退院したことを明らかにしました。
ことし3月、イギリス南部のソールズベリーでロシアの元スパイ、セルゲイ・スクリパルさんと娘のユリアさんが意識不明の状態で見つかり、イギリス政府はロシアが開発した神経剤「ノビチョク」を使った暗殺未遂事件だとしています。

2人は、地元の病院で治療を受けていましたが、病院は18日、先月退院したユリアさんに続いて、スクリパルさんも退院したことを明らかにしました。

病院は「治療は大変難しいものだったが、退院は回復に向けた大事な一歩になる」とコメントしています。

この事件についてイギリス政府は、ロシアが関与しているとして非難していますが、ロシア政府は証拠が示されていないなどとして全面的に否定しています。