権利者の利益害さなければ利用可能 改正著作権法が成立

権利者の利益害さなければ利用可能 改正著作権法が成立
AI=人工知能の学習のため大量の画像を読み込ませるなど、技術革新に伴う著作物の新たな利用に対応するため、権利者の利益を害さないと判断される場合は許諾がなくても利用を認めるなどとした、改正著作権法が参議院本会議で可決・成立しました。
画像などの著作物をめぐっては、AI=人工知能の開発など技術革新によって、新たな利用のニーズが高まっていますが、これまでは対応する規定がありませんでした。

改正された著作権法は鑑賞などを目的とせず、許諾なしに利用しても権利者の利益を害さない、または不利益が軽微だと判断される場合は、自由に著作物を利用できるとしていて、これによってAIの学習のため大量の著作物を読み込ませたり解析したりすることが可能になります。

こうした内容を盛り込んだ改正著作権法は、18日の参議院本会議で採決が行われ、自民・公明両党と国民民主党などの賛成多数で可決され成立しました。