サッカー日本代表候補 ゴールキーパーは3人

サッカー日本代表候補 ゴールキーパーは3人
サッカーワールドカップ ロシア大会に向けた日本代表候補、ゴールキーパーには3人が選ばれました。
川島永嗣選手はフランス1部リーグのメッスに所属する35歳。
3大会連続3回目のワールドカップ出場を目指します。
コースを的確に予測して、シュートを防ぐ高い守備力が持ち味です。

前回ブラジル大会のあと所属チームが見つからず、代表から外れた時期もありましたが、去年3月のアジア最終予選で先発起用され、レギュラーに返り咲きました。

川島永嗣選手

川島永嗣選手はフランス1部リーグのメッスに所属する35歳。
3大会連続3回目のワールドカップ出場を目指します。
コースを的確に予測して、シュートを防ぐ高い守備力が持ち味です。

前回ブラジル大会のあと所属チームが見つからず、代表から外れた時期もありましたが、去年3月のアジア最終予選で先発起用され、レギュラーに返り咲きました。

東口順昭選手

東口順昭選手はJ1のガンバ大阪に所属する32歳。
初めてのワールドカップ出場を目指します。
反応の速さと精度の高いキックが持ち味で、日本代表では去年12月の東アジア選手権の中国戦で先発出場を果たしました。

先月、Jリーグの試合中に味方と接触して顔面を複数骨折し、チームから離脱していましたが、復帰が見込めるとして代表候補に滑り込みました。

「全力尽くしたい」

東口順昭選手は「率直にうれしいし、日本のためにできるかぎり全力を尽くしたい。ケガの度合いによって呼ばれないだろうとよぎった時もあったが、体が回復してくれて本当によかった」と話しました。

そのうえで、「ワールドカップは自分が夢に見ていた舞台で、行きたいと思っているが、行くだけでなく試合に出て活躍するという目標を持っているので、一日一日しっかりとアピールしていきたい」と引き締まった表情で決意を語りました。

中村航輔選手

中村航輔選手はJ1の柏レイソルに所属する23歳。
初めてのワールドカップ出場を目指します。
抜群の反射神経を生かしたセービングが持ち味で足元の技術にも定評があります。

日本代表には去年6月に初めて選ばれ、去年12月の東アジア選手権で初出場を果たしました。

「勝利のために準備していきたい」

中村航輔選手は日本代表候補に選ばれてことを受けて、「初めて日本代表に選ばれた1年前から、ワールドカップでプレーしたいという思いはずっと変わっていません。いつもどおり、シュートを止める、最後の最後でふんばれる存在になりたいし、常に全力でチームの勝利のために準備していきたい」というコメントを出しました。