米男子ゴルフ 小平104位 松山120位

米男子ゴルフ 小平104位 松山120位
男子ゴルフのアメリカツアーの大会は17日、テキサス州で第1ラウンドが行われ、日本の選手は小平智選手が104位、松山英樹選手が120位と出遅れました。
小平選手はイーグル1つ、バーディー2つを奪ったもののボギーが4つあり、イーブンバーで104位と出遅れました。
小平選手は「最初から最後まで苦しいゴルフで、イーグルがあったのだけが救いだった。松山選手と一緒に久しぶりに試合で回って楽しかった」と話していました。

松山選手はバーディー2つ、ボギー3つの1オーバーで120位と出遅れました。
松山選手は「いいショットも増えてきているのに、パッティングとアプローチが全く進歩しない。グリーンは全然傾斜が読めず、リズムに乗れないゴルフが続いている」と話していました。

オーストラリアのマーク・リーシュマン選手が10アンダーで首位に立ちました。
小平選手はイーグル1つ、バーディー2つを奪ったもののボギーが4つあり、イーブンバーで104位と出遅れました。
小平選手は「最初から最後まで苦しいゴルフで、イーグルがあったのだけが救いだった。松山選手と一緒に久しぶりに試合で回って楽しかった」と話していました。

松山選手はバーディー2つ、ボギー3つの1オーバーで120位と出遅れました。
松山選手は「いいショットも増えてきているのに、パッティングとアプローチが全く進歩しない。グリーンは全然傾斜が読めず、リズムに乗れないゴルフが続いている」と話していました。

オーストラリアのマーク・リーシュマン選手が10アンダーで首位に立ちました。