テニス 錦織 全仏オープン前哨戦で準々決勝へ

テニス 錦織 全仏オープン前哨戦で準々決勝へ
k10011442651_201805180623_201805180634.mp4
テニスの錦織圭選手がイタリアのローマで開かれている四大大会、全仏オープンの前哨戦となるツアー大会の3回戦で世界ランキング28位のドイツの選手と対戦し、セットカウント2対0のストレートで勝って準々決勝に進みました。
マスターズと呼ばれる四大大会に次ぐ格付けのこの大会は、27日に開幕する全仏オープンの前哨戦にあたり、錦織選手はおととし、この大会でベスト4となっています。

世界24位の錦織選手は17日の3回戦で、おととしの全豪オープンでストレート勝ちしている世界28位で34歳のドイツのフィリップ・コールシュライバー選手と対戦しました。

錦織選手は第1セット、左右に深いショットを正確に決めてミスを誘い、相手のサービスゲームを2つブレークして6ー1で取りました。

第2セットは、先にブレークポイントを握られましたが、コースをつく正確なサーブでピンチをしのぎ、ラリーではバックハンドでライン際をつく鋭いショットを決めて6ー2で取り、セットカウント2対0のストレートで勝ち、準々決勝に進みました。

この大会での準々決勝進出は、ベスト4入りしたおととし以来2年ぶりです。

準々決勝では、前の週の大会の1回戦で敗れ、対戦成績が2勝12敗の元世界王者で世界18位のセルビアのノバク・ジョコビッチ選手です。

錦織「ほぼ完璧に近い試合だった」

錦織圭選手は「最初から最後までしっかり集中してプレーできた。2回戦の反省をいかして、なるべく自分から打っていくことを意識して、特にバックハンドを早いタイミングで打てていたのが効いたと思う。ほぼ完璧に近い試合だった。サーブとリターンがきょうのようにうまく打てるとプレーに余裕が出るので、準々決勝も同じようなプレーを心がけたい」と話していました。