女児殺害事件 逮捕の男 海の方向へ連れ去ったか

女児殺害事件 逮捕の男 海の方向へ連れ去ったか
k10011442541_201805180444_201805180446.mp4
新潟市の小学生の女の子が殺害されJRの線路に遺棄された事件で、逮捕された男が女の子を連れ去ったとみられる現場で、大きな物音がしたあと海の方向に走っていく車が目撃されていたことが警察などへの取材でわかりました。警察は、男が女の子を車に乗せて人目につきにくい海の方向に連れ去った疑いもあるとみて調べています。
新潟市西区の会社員、小林遼容疑者(23)は、今月7日の夜、自宅近くのJR越後線の線路内に近くに住む小学2年生、大桃珠生さん(7)の遺体を遺棄した疑いなどで逮捕されました。

これまでの調べで、小林容疑者は「遺体を車にのせたままあちこち移動した」と供述していますが、その後の調べで、女の子が連れ去られたとみられる現場で、大きな物音がしたあと海の方向に走っていく車が目撃されていたことが警察などへの取材でわかりました。

この現場は、小林容疑者が「車で女の子にぶつかり、泣かれたので車に乗せた」と供述している場所と同じ、女の子の自宅から130メートルほどのところです。

警察は、小林容疑者が女の子を車に乗せて住宅街から人目につきにくい海の方向に連れ去った疑いもあるとみて、海沿いの駐車場や店などの防犯カメラの映像を分析し、連れ去り後の行動を特定することにしています。