両足義足の69歳中国人登山家 エベレスト登頂成功

両足義足の69歳中国人登山家 エベレスト登頂成功
両足を失い義足を使っている69歳の中国人の登山家が世界最高峰のエベレストの登頂に成功し、無事帰還して市民や報道陣の歓迎を受けました。
中国メディアなどによりますと、エベレスト登頂に成功したのは両足が義足の登山家の中国人の夏伯渝さん(69)です。

夏さんは14日午前に山頂に到達したあと無事下山し、16日、ネパールの首都カトマンズに元気な姿を見せて市民や報道陣の歓迎を受けました。

夏さんは1975年に初めてエベレスト登頂に挑戦した際、凍傷で両足を失い、その後3回にわたって義足での登頂に挑戦しようとしましたが、いずれも失敗してきました。

さらにネパール政府が去年、全盲の人や両足を失った人によるエベレスト登山は危険だとして禁止したため、今回の登山も危ぶまれましたが、裁判所が不当な差別にあたると判断したことから5回目の挑戦にこぎ着けました。

両足が義足の人によるエベレスト登頂は2例目で、身体障害者としては過去最高齢だということで、夏さんは山頂で「長年抱き続けてきた夢をついにかなえることができた」と叫んだということです。