マレーシア ナジブ前首相の自宅を捜索

マレーシア ナジブ前首相の自宅を捜索
先週、独立以来初めて政権が交代したマレーシアで、16日夜から17日にかけて、警察によるナジブ前首相の自宅の捜索が行われました。マハティール首相は選挙期間中からナジブ氏の不正資金疑惑を厳しく批判していて、今後の捜査の行方が注目されています。
首都クアラルンプールにあるナジブ前首相の自宅には16日夜、警察の車両が次々と到着し、17日未明にかけて捜索が行われました。

現地メディアによりますと、今回の捜索は資金洗浄の疑いで行われ、ナジブ氏も立ち会いのうえで、警察がバッグや衣類などを押収したということです。

先週、独立以来初めてとなる政権交代にともなって首相に就任したマハティール氏は、ナジブ氏が抱える政府系ファンドからおよそ7億ドルが個人口座に流れていたとする不正資金疑惑を徹底解明する方針を打ち出していますが、17日の会見では「警察が捜索に乗り出す十分な理由があったのではないか」と述べるにとどまりました。

ナジブ氏の不正資金疑惑をめぐっては、2年前、司法当局が違法性はなかったと結論づけ捜査は終結していますが、マハティール首相はナジブ氏を出国禁止にするなど、疑惑の解明に向け動き始めていて、今後の捜査の行方が注目されています。