日経平均株価 値上がり

日経平均株価 値上がり
17日の東京株式市場、株価は値上がりしました。円安傾向が続いていることを受けて輸出関連の銘柄などに買い注文が集まりました。日経平均株価、17日の終値は、前日より、121円14銭高い、2万2838円37銭。東証株価指数=トピックスは、8.02上がって、1808.37となりました。1日の出来高は14億7347万株でした。
市場関係者は「外国為替市場で円安傾向が続いていることを受けて、輸出関連の銘柄や決算が好調だった銘柄に買い注文が集まった。ただ、非核化をめぐり米朝がけん制し合うなど、北朝鮮情勢が再び不透明感を増していることからリスクを避けようと積極的な取り引きを控える投資家も多かった」と話しています。