アメフト問題 日大コーチが関西学院大に回答書を直接届ける

アメフト問題 日大コーチが関西学院大に回答書を直接届ける
大学アメリカンフットボールの強豪、日本大学と関西学院大学の定期戦で日大の選手による重大な反則行為があった問題で、日大のコーチが15日夜、関西学院大に抗議文書に対する回答書を直接届けたことがわかりました。
今月6日、東京都内で行われた日大と関西学院大の定期戦で、日大の選手が、パスを投げ終えて無防備な状態だった関西学院大の選手に後ろからタックルし、関西学院大の選手は右ひざなどのけがで全治3週間と診断されました。

関西学院大は「選手を傷つけることだけを目的とした、意図的で極めて危険かつ悪質な行為」として、日大に今月10日付けで抗議文書を送り、チームの見解やけがをした選手への謝罪などを求めていました。

これに対し、日大側は16日の回答期限を前に監督やコーチ、タックルをした選手などから話を聞き、事実関係の説明と謝罪を盛り込んだ回答書をまとめました。

関係者によりますと、15日午後8時すぎに、日大のアメリカンフットボール部のコーチが兵庫県西宮市にある関西学院大を訪れ、アメリカンフットボール部の担当者に直接、回答書を手渡したということです。

関西学院大は「現時点で回答書の内容は明らかにできない」としています。

関西学院大は16日、回答書の内容を精査して大学としての対応を決定し、17日の記者会見で発表することにしています。