女児殺害「遺体を車で現場近くまで運んだ」供述

女児殺害「遺体を車で現場近くまで運んだ」供述
k10011439341_201805151813_201805151834.mp4
新潟市の小学生の女の子が殺害されJRの線路に遺棄された事件で、遺体を遺棄した疑いなどで逮捕された23歳の男は「女の子の遺体を車で現場近くまで運んだ」と供述していることが捜査関係者への取材でわかりました。殺害についても認める内容の供述をしているということで、警察は女の子が連れ去られて殺害された経緯についても捜査を進めることにしています。
新潟市西区の会社員、小林遼容疑者(23)は今月7日の夜、自宅に近いJR越後線の線路内に近くに住む小学2年生、大桃珠生さん(7)の遺体を遺棄した疑いなどで逮捕され、15日、検察庁に送られました。

調べに対し容疑を認めているということです。

これまでの調べで、小林容疑者は勤め先の会社を休んで事件前後に黒っぽい色の車で現場周辺を走行していたことがわかっていますが、その後の調べで、「女の子の遺体を車で現場近くまで運び、線路内に遺棄した」などと供述していることが捜査関係者への取材でわかりました。

また、大桃さんについては「女の子の名前は遺棄したあとにネットなどでニュースを見て知った」などと供述しているということです。

小林容疑者は殺害についても認める内容の供述をしていることから、警察は、大桃さんが連れ去られて殺害された経緯についても捜査を進めることにしています。

小林遼容疑者とは

小林遼容疑者(23)は、遺体が見つかったJR越後線の現場からわずか50メートルほどのところに住んでいました。近所の人などによりますと、子どものころからこの地域に家族と暮らしていて、地元の小中学校を卒業したあと、新潟市内の高校に進学したということです。

高校時代の小林容疑者について同級生は、「アニメが好きな友達と仲がよかった印象で、授業中にちゃかすなど幼いところがあった」と話しています。5年前に高校を卒業したあとは、地元の電気工事関係の会社に就職し、ビルや工場の配線工事などを担当していたということです。

会社によりますと、性格はおとなしくまじめな仕事ぶりで、同僚ともコミュニケーションがとれていたということです。これまで会社を休むことはほどんどなかったということですが、

事件のあった今月7日は無断欠勤し、それ以降、欠勤を続けていたということです。その理由について小林容疑者は「仕事が思うようにできないのでちょっと時間をください」と話し、少し元気がない様子だったといいます。

将来の夢はデザイナーの頑張り屋さん

将来の夢はデザイナー、頑張り屋さんで、「たまちゃん」と呼ばれ、いつも友達に囲まれている女の子でした。

亡くなった新潟市の小針小学校の2年生、大桃珠生さん(7歳)は、礼儀正しく穏やかで優しい子だったといいます。去年11月に開かれた学校の記念行事の映像では、同級生と一緒に歌ったり、鍵盤ハーモニカを演奏したりする姿が残されています。

自宅近くに住む70歳の女性は「珠生さんは声をかけると『こんにちは』と返してくれるとても礼儀正しい子でした。よくお兄さんと一緒にサッカーボールで遊んでいて、家族も仲のよい様子でした」と話していました。

去年まで通っていた幼稚園の神保フユ子園長は「とても穏やかで優しく、みんなから『たまちゃん』と呼ばれ、いつも友達に囲まれた女の子でした」と話していました。小針小学校の長谷川豊校長は「穏やかで優しく頑張り屋さんで、すべての教科で一生懸命勉強する熱心な子どもでした」と話していました。