米フェイスブック 約200のアプリを一時停止

米フェイスブック 約200のアプリを一時停止
k10011438441_201805150522_201805150527.mp4
世界最大の交流サイトを運営するフェイスブックは、最大で8700万人の利用者の個人データが流出した問題を受けて調査したところ、およそ200のアプリについて個人データを不正に流用した疑いがあるとして利用を一時停止したと発表しました。
この問題は、フェイスブックの利用者を対象に心理学の調査を行っていた大学教授が、2013年、クイズ形式で性格を判断するアプリを開発し、これをおよそ30万人がダウンロードして自分だけでなく、友人の個人データを気づかないまま提供したところ、最大で8700万人の情報が第三者のデータ分析会社に不正に渡ったものです。

2014年には、フェイスブックが扱う友人などの個人データを外部の事業者に開放する仕組みをやめましたが、フェイスブックは、それよりも以前に大量の個人データを入手できた数千の事業者を調査したところ、14日、およそ200のアプリについて個人データを不正に流用した疑いがあるとして利用を一時停止したと発表しました。

フェイスブックは、利用を一時停止したのがどういったアプリか明らかにしていませんが、さらに調査をして、実際にデータを不正に利用したことがわかれば、フェイスブック上でアプリの利用を禁止するとしています。