「 誤警報でミサイル攻撃はなかった」 シリア国営テレビ

シリア国営テレビは17日、中部の空軍基地を狙ったミサイル攻撃があり防空システムが撃ち落としたと伝えましたが、その後、軍の情報として、誤った警報によって防空システムが作動したもので攻撃はなかったと訂正しました。
シリア国営テレビは、中部のシャイラート空軍基地を狙ったミサイル攻撃があり、シリアの防空システムが複数のミサイルを撃ち落としたと、17日未明に伝えました。

この報道について、国営テレビは17日昼過ぎ、軍の情報として防空システムが誤った警報によって作動したもので、実際には外部からの攻撃はなかったと訂正しました。

この攻撃の情報をめぐってはアメリカの国防総省が関与を否定していました。

シリアでは、アメリカがアサド政権によって化学兵器が使われたと断定し14日にイギリス、フランスとともに限定的な軍事攻撃を行ったほか、イスラエルも隣国のシリアで敵対するイランが軍事的な存在感を増しているのは脅威だとしてたびたび攻撃しています。