新潟 米山知事「引き続き進退について検討」

新潟 米山知事「引き続き進退について検討」
k10011406841_201804171443_201804171444.mp4
新潟県の米山知事は、近く発売される週刊誌でみずからの女性問題が報じられる見通しになったとして17日午後、記者会見を開き、女性問題の存在は認めたものの進退については「まだ結論は出ていない。あと数日整理する時間を与えてほしい」と述べ、引き続き検討する考えを示しました。
米山知事はみずからの女性問題に関して週刊誌の取材を受け、近く記事が掲載される見通しになったとして17日午後、県庁で記者会見を開きました。

この中で米山知事は、女性問題が存在することや問題の女性との関係が知事に就任したあとも続いていたことを認めた上で、「違法性はないと思うが責められる余地はあった」と述べました。ただ、詳しい事実関係については「次の会見でお話しさせていただきたい」と述べたのにとどまり、詳しい説明は避けました。

そのうえで進退については「まだ結論は出ていない。あと数日、1日、2日と思うが整理する時間を与えてほしい。私自身が決断するために貴重な時間を空費してしまうことを許してほしい」と述べ、引き続き検討する考えを示しました。

その一方で知事の仕事について「やりがいのある仕事であり、いろんなプロジェクトを最後までやりたいという気持ちを今も持っている」と述べました。

米山知事はおととし10月に行われた新潟県知事選挙に共産党と自由党、社民党の推薦を受けて立候補し、東京電力が目指す柏崎刈羽原子力発電所の再稼働について慎重な姿勢を示すとともに、福島第一原発の事故について徹底的な検証が必要だなどと訴えて初当選しました。

「進退は報道とは別の問題」

米山知事は記者会見で、週刊誌での報道と進退について問われたのに対して「何が県にとって最善か、皆さんがどう受け止めるのかだ。報道のされ方にも影響されるかもしれないが、記事を見たうえでお話ししたい。進退はそれとは別の問題として考えたい」と述べました。

始球式をキャンセル

新潟県によりますと、米山知事は17日夜、新潟市内で行われるプロ野球、DeNA対巨人の試合で始球式を行う予定でしたが、前日、急きょ「日程上の都合」を理由にキャンセルしたということです。

この試合は、ことし新潟県内で唯一行われるプロ野球の公式戦で、米山知事はみずからのツイッターに「今から先発投手のような緊張感です(笑)。頑張ります!」と書き込んでいました。