秋田にコウノトリ飛来 福井の飼育施設で誕生

秋田にコウノトリ飛来 福井の飼育施設で誕生
国の天然記念物に指定されているコウノトリが秋田県大仙市に飛来し、田んぼで羽根を休めている様子が確認されました。
コウノトリの飛来は、15日と16日、大仙市の鈴木三郎さんが自宅近くの田んぼで撮影した映像で確認されました。

このコウノトリについて、個体を識別する足輪とGPSの情報で調べたところ、コウノトリの繁殖を進めている福井県越前市の飼育施設で誕生し、おととし放鳥された「さきちゃん」という名前のメスのコウノトリだとわかりました。

鈴木さんが撮影した映像からは、さきちゃんが田んぼで羽繕いをしたり餌を探して食べたりする様子や、羽を広げて優雅に飛ぶ姿が確認されました。

鈴木さんは、コウノトリを驚かさないように車の中から映像を撮影したということで、「もし見かけても離れた所から見守ってほしい」と話していました。