テニス ツアー初優勝の大坂 所属先施設で「本当にうれしい」

テニス ツアー初優勝の大坂 所属先施設で「本当にうれしい」
テニスの大坂なおみ選手が16日、横浜市にある所属先の施設を訪れて報道陣の取材に応じ、「先月のツアー大会に初優勝することができて、本当にうれしい」などと笑顔で話しました。
大坂選手は先月、アメリカのカリフォルニア州で行われた、四大大会に次ぐ格付けの女子ツアーの大会で日本選手として初めて優勝を果たしました。

大坂選手は、今月21日と22日に兵庫県で行われる国別対抗戦、「フェドカップ」に出場するため日本を訪れていて、16日は横浜市中区にある所属先の施設で、今シーズンからコーチを務めるサーシャ・バジン氏とともに報道陣の取材に応じました。

大坂選手は、ツアー大会の初優勝について、「本当にうれしく思っている。厳しい戦いを勝ち抜いていったことは今でも覚えている」と笑顔で話しました。

今シーズン活躍している理由の1つにバジンコーチの存在を挙げ、「彼がコーチになってから、練習がすごく楽しくなった。とてもポジティブで楽しい人なので、それが私にいい影響を与えてくれていて、私自身も前向きになることができている」と話しました。

これに対して、バジンコーチは「できるだけ楽しくポジティブに指導しようとしている。彼女は選手として成熟してきていて常に最高のプレーができなくても勝てる選手になってきた」と大坂選手の成長を評価していました。