財務省 事務次官セクハラ報道は「弁護士に委託して調査」

財務省 事務次官セクハラ報道は「弁護士に委託して調査」
k10011405581_201804161409_201804161412.mp4
財務省の福田淳一事務次官が複数の女性記者に対してセクハラと受けとられる発言を繰り返していたと週刊誌に報じられたことについて、財務省が文書でコメントを出しました。
それによりますと、「財務省として、客観性を担保するため弁護士に委託して引き続き、福田事務次官への調査を続ける」としています。また「福田事務次官への聴取だけでは事実関係の解明は困難だ」として財務省の記者クラブの加盟社に調査への協力を要請しました。