株価 小幅な値動き シリア攻撃の影響は限定的との見方

株価 小幅な値動き シリア攻撃の影響は限定的との見方
週明けの16日の東京株式市場、株価は小幅な値上がりとなっています。アメリカなどによるシリアへの軍事攻撃が経済に及ぼす影響は限定的との見方が多くなっています。
日経平均株価、午前の終値は、先週末より55円68銭高い2万1834円42銭。
トピックス=東証株価指数は3.28上がって1732.64。
午前の出来高は7億363万株でした。

市場関係者は「アメリカなどによるシリアへの軍事攻撃が世界経済に及ぼす影響は今のところ限定的だと受け止められている。17日から始まる日米首脳会談の通商問題をめぐる議論を見極めようと、取り引きを控える投資家も多い」と話しています。