ロシア高官 シリア攻撃を非難 一方で対話模索

ロシア高官 シリア攻撃を非難 一方で対話模索
ロシア外務省の高官は、15日、アメリカなどがシリアで行った攻撃を非難する一方、アメリカとの対話は模索していく姿勢を示し、これ以上の関係悪化は避けたい考えとみられます。
ロシア外務省でアメリカを担当しているリャプコフ次官は、15日、ロシアメディアに対して、「アメリカなどはシリアの人たちがテロの脅威から解放され、人道的な状況が改善されることを妨げた」と述べ、今回の攻撃によってシリア情勢はますます不安定になっていると非難しました。

その一方で、リャプコフ次官は「私たちは冷静に、労を惜しまず作業を続けていく。政治的に行き詰まった、危険な状況を打開するためにすべての機会を使う」と述べ、アメリカとの対話は模索していく姿勢を示しました。

アメリカとの対話に言及した背景には、トランプ政権がプーチン政権に対して制裁などの圧力をますます強めるなか、ロシアとしては米ロ関係のこれ以上の悪化は避けたい考えがあるとみられます。