東北北部や北海道中心に雪と風強まる 大雪や暴風に警戒を

東北北部や北海道中心に雪と風強まる 大雪や暴風に警戒を
k10011329131_201802150029_201802150040.mp4
前線を伴った低気圧の影響で、東北北部や北海道を中心に雪と風が強まっています。北海道では多いところで積雪が3メートルを超えるなど記録的な積雪となっているほか、岩手県の内陸部でも積雪が増えていて、気象庁は、大雪や暴風に警戒するとともに雪崩や着雪などにも十分注意するよう呼びかけています。
気象庁によりますと、前線を伴った低気圧が通過している影響で、東北北部や北海道の内陸を中心に雪が強まっています。

14日午後11時の積雪は、山形県大蔵村肘折で3メートル88センチとなっているほか、北海道幌加内町で3メートル10センチと昭和56年に統計を取り始めてから最も多くなりました。

また、この時間は岩手県の内陸で積雪が増えていて、岩手県の一戸町奥中山で1メートル28センチと昭和54年に統計を取り始めてから最も多くなったほか、盛岡市で47センチと平年の2倍を超える積雪となっています。

風も強まり、秋田市で14日午後9時ごろに28.4メートル、山形県酒田市で14日午後9時半すぎに27.5メートルの最大瞬間風速をそれぞれ観測しました。

東北北部や北海道では15日の明け方にかけて雪が強く降る見込みで、15日夕方までの24時間に降る雪の量は、いずれも山沿いの多いところで、東北北部で50センチ、北海道で40センチと予想されています。

気象庁は、北日本を中心に大雪による交通への影響や暴風に警戒するとともに雪崩や着雪にも十分注意するよう呼びかけています。

また、記録的な大雪となった北陸では、15日は雨が降り、雪どけが進むと予想されていて、雪崩や屋根からの落雪、それに雪下ろし中の事故などに十分注意が必要です。