JR東日本 全新幹線緊急点検へ 金具外れるトラブルで

JR東日本 全新幹線緊急点検へ 金具外れるトラブルで
13日、新潟市にある車両基地で、上越新幹線の車両の床下から外れた金具が同じ新幹線の別の車両の屋根の上から見つかったトラブルを受けて、JR東日本は16日にかけて上越新幹線と北陸新幹線、それに東北新幹線のすべての車両を対象に緊急点検を行うことになりました。
13日夕方、新潟市にあるJR東日本の車両基地で、10両編成の上越新幹線の1号車の床下に取り付けた金具がなくなっているのに点検中の作業員が気付き、金具はその後、同じ新幹線の6号車の屋根の上から見つかりました。

金具は、長さおよそ20センチ、幅14センチ、重さ2.6キロで、台車の空気ばねの上下の動きを抑える機能があるということです。

金具を固定していたボルト2本と針金は見つかっておらず、JR東日本は走行中に金具が外れて壁などに当たり、車両の屋根の上にのった可能性があると見て原因を調べています。

このトラブルを受けてJR東日本は16日にかけて上越新幹線と北陸新幹線、それに東北新幹線におよそ1350両あるすべての車両を対象に緊急点検を行うことになりました。

JR東日本は、調査結果を北陸信越運輸局に報告することにしています。