記録的大雪の福井 多くの学校でようやく授業再開

記録的大雪の福井 多くの学校でようやく授業再開
k10011328311_201802141210_201802141214.mp4
記録的な大雪が降った福井県では、小中学校などの休校が相次ぎましたが、14日から多くの学校で授業が再開され、子どもたちが元気に登校しました。
福井県内では、今月6日から続いた大雪のため、一時、公立の小中学校の7割以上に当たるおよそ200校が休校したほか、再び雪が強まった13日も118校が休校するなど影響が続いていました。

雪はようやくやみ、14日から多くの学校で授業が再開され、このうち8日間休校していた福井市の啓蒙小学校では14日朝、子どもたちが保護者などに見守られながら次々に登校しました。

そして久しぶりに教室に入ると、先生や友達と元気よくあいさつしていました。1年生の教室では、担任の教員が「久しぶりにみんなの顔を見ることができて安心しました」と声をかけ、子どもたちは休校の間、家で雪かきを手伝ったことなどを発表していました。

1年生の男の子は、「通学路が雪で埋まっていて大変でした。こんなにたくさんの雪を見たのは初めてです」と話していました。
また女の子は、「いつもは歩いて来ますが、きょうは車で送ってもらいました。久しぶりにみんなに会えてうれしいです」と話していました。

この小学校では依然、通学路に多くの雪が残っていることから、14日は通常より時間を早めて集団下校するということです。