スノーボード男子ハーフパイプ 戸塚が決勝3回目を棄権

スノーボード男子ハーフパイプ 戸塚が決勝3回目を棄権
スノーボード、男子ハーフパイプで16歳の戸塚優斗選手は決勝の2回目で最初のエアの着地を失敗して転倒しました。日本チームによりますと戸塚選手は転倒した際に腰を痛めて立ち上がることができず、精密検査を受けるため救急車で病院に向かいました。意識はあるということです。戸塚選手は決勝の3回目を棄権しました。