スノーボード男子ハーフパイプ 戸塚が転倒し搬送

スノーボード男子ハーフパイプ 戸塚が転倒し搬送
ピョンチャンオリンピック、スノーボード男子ハーフパイプ決勝の2回目で日本の戸塚優斗選手が最初のエアで着地に失敗し、転倒しました。戸塚選手は起き上がることができず、運営スタッフにそりで搬送されました。戸塚選手は決勝の3回目の演技は行わないことになりました。