映画の保存活用 初の国立美術館 4月設置へ

映画の保存活用 初の国立美術館 4月設置へ
k10011328221_201802141233_201802141238.mp4
映画の保存や活用を専門に行う初めての国立美術館、「国立映画アーカイブ」が、東京国立近代美術館のフィルムセンターが独立する形で、ことし4月に設置されることになりました。
「国立映画アーカイブ」は、映画フィルムや映画に関する資料の収集や保存を行っている東京国立近代美術館のフィルムセンターが、6番目の国立美術館として独立する形で、ことし4月1日に設置されます。

フィルムセンターなどによりますと、活用や公開の充実に向けて体制を強化することが狙いで、フィルムセンターのこれまでの事業に加えて、収集した日本映画に字幕をつけて上映するなど、海外発信や映画文化の継承に力を入れたいとしています。
また、映画監督の山田洋次さんや河瀬直美さん、俳優の松坂慶子さんなどがアドバイザーに就き、運営の助言を行っていくということです。

映画を専門にした国立美術館の設置は初めてで、東京・京橋などにあるフィルムセンターの施設がそのまま使われます。

独立行政法人国立美術館の柳原正樹理事長は「日本の映画は世界に誇れる文化です。国立映画アーカイブを拠点に、日本映画のすばらしさを発信し続けていきたい」と話しています。