都道府県対抗女子駅伝 兵庫14年ぶり優勝

都道府県対抗女子駅伝 兵庫14年ぶり優勝
k10011288741_201801141939_201801141955.mp4
新春の京都を駆け抜ける都道府県対抗の全国女子駅伝が14日行われ、兵庫が14年ぶり4回目の優勝を果たしました。
ことしで36回目を迎える大会には、47の都道府県の代表チームが出場し、京都市の市街地を舞台に、マラソンと同じ距離を中学生から社会人までの9人のランナーがたすきをつなぎました。

レースは序盤、大阪が引っ張りましたが、4区で長崎の高校2年生、廣中璃梨佳選手がこれまでの区間記録を8秒更新する快走で7人を抜き、一気にトップに立ちました。

しかし、中盤、力のある高校生をそろえた兵庫が追い上げ、7区の高校3年生、樽本知夏選手が区間トップの走りで長崎をかわして首位に立ちました。8区でさらにリードを広げた兵庫は、最終9区も社会人の福田有以選手が安定した走りを見せ、14年ぶり4回目の優勝を果たしました。

タイムは2時間15分28秒でした。2位は1分13秒差で去年優勝の京都、3位は長崎でした。

兵庫 榎本監督「『駅伝王国』の復活に」

14年ぶり4回目の優勝を果たした兵庫の榎本隆夫監督は「しばらく優勝から遠ざかっていたが、やっと優勝することができた。選手たちがふだんどおりの走りをすれば必ず優勝に絡めると思っていた。今回の優勝を弾みに『駅伝王国』と言われた兵庫の復活につなげたい」と話していました。

兵庫 福田主将「攻める走りができた」

兵庫でアンカーを務めたキャプテンの福田有以選手は「14年ぶりに優勝することができてうれしい。前の選手たちがいい位置でつないでくれたし、沿道の応援も力になって『絶対に優勝する』と思って走った。今回の駅伝では攻める走りができたので、今後、自分の競技にも生かしていきたい」と話していました。

兵庫 1区田中「チームの流れ作れた」

1区で5位と健闘して優勝への流れを作った兵庫の西脇工業3年の田中希実選手は「最初から先頭に立ったが、突っ込みすぎなかったのでラストも余力がありスピードを上げることができた。監督からは5位以内で走ってほしいと言われていて、チームの流れを作ることができてよかったです」と話していました。

兵庫 7区樽本「いい走り 予感あった」

7区で区間賞の走りでトップに立った兵庫の須磨学園3年の樽本知夏選手は「優勝できてとてもうれしい。アップの時から体が軽くていい走りができる予感はしていた。たすきを受け取ったとき、前の選手を絶対抜けると思っていたし、抜くだけではなく、一気に離すつもりで走った。きょうの走りは自信になった」と話していました。

長崎 7人抜きの廣中「イメージどおりの走りができた」

4区で区間新記録の走りで7人を抜いてトップでタスキをつないだ長崎商業2年の廣中璃梨佳選手は「去年、同じ4区を走ったときは最初に突っ込みすぎて後半、ばててしまった。ことしは序盤を抑え、後半にギアを上げる意識で臨んだ。イメージどおりの走りができて、それが記録につながったと思う」と笑顔で話していました。