スキージャンプ男子 葛西が今季自己最高5位

スキージャンプ男子 葛西が今季自己最高5位
スキージャンプ男子のワールドカップが13日、オーストリアで行われ、45歳の葛西紀明選手が今シーズン自己最高の5位に入り、出場が内定している来月のピョンチャンオリンピックへ復調の兆しを見せました。
葛西選手は13日、オーストリアのフライングヒルのジャンプ台で行われたワールドカップの個人戦に出場しました。

フライングヒルを得意とする葛西選手は、1回目は216メートルで8位につけ、2回目では227メートルを飛んで合計ポイントを395とし、いったんは6位となりました。しかし、このあと失格になった選手が出たため順位が繰り上がり、表彰台はなりませんでしたが、最終順位は今シーズン自己最高の5位となりました。

葛西選手は、来月行われるピョンチャンオリンピックに、自身が持つ冬のオリンピックの最多出場記録を更新する8回目の出場がすでに内定しています。

今シーズン、開幕から苦しい戦いが続いた葛西選手にとっては、4年前のワールドカップで優勝したジャンプ台で自己最高の5位に入り、1か月を切ったオリンピックへ復調の兆しを見せました。