頑張れ受験生 きょうから大学入試センター試験 余裕もって会場へ

頑張れ受験生 きょうから大学入試センター試験 余裕もって会場へ
k10011287501_201801130512_201801130514.mp4
13日から全国で58万人余りが受験する大学入試センター試験が始まります。13日は西日本から北日本の日本海側を中心に断続的に雪が降る見通しで大学入試センターは時間に余裕をもって試験会場に向かうよう呼びかけています。
ことしの大学入試センター試験は13日と14日の2日間、全国695の会場で行われ、去年より6704人多い58万2671人が受験する見通しです。

初日の13日は午前9時半から地理歴史・公民の試験が始まり、そのあと、国語、外国語、英語のリスニング試験が行われます。

大手予備校によりますと受験生が志願する学部は、雇用情勢の改善などを背景に経済学部や法学部など文系の学部に人気が集まっているということです。

13日は西日本から北日本の日本海側を中心に断続的に雪が降る見通しで、大学入試センターは受験生に対して時間に余裕をもって試験会場に向かうよう呼びかけています。

さらに、雪の影響などで交通機関に遅れが出た場合は受験票に書かれた試験会場の電話番号を見て、連絡してほしいと話しています。