宮司を弟が殺害その後自殺か 3人死亡1人大けが 東京 江東区

宮司を弟が殺害その後自殺か 3人死亡1人大けが 東京 江東区
k10011250681_201712080504_201712080524.mp4
江戸時代に創建された都内有数の神社、東京・江東区の「富岡八幡宮」の近くで、7日夜、男女4人が血を流して倒れているのが見つかり女性の宮司など3人が死亡、1人が大けがをしました。宮司の弟とその知人の女が宮司を殺害したあと自殺するなどしたと見られ、警視庁は家族間のトラブルがあったと見て捜査しています。
7日午後8時半ごろ、東京・江東区富岡の路上で、近くの富岡八幡宮の宮司の富岡長子さん(58)と運転手の33歳の男性が、車から降りた直後に男女に刃物で切りつけられました。2人は病院に運ばれて手当てを受けましたが、長子さんはまもなく死亡し、男性も腕などに大けがをしました。

警視庁によりますと、切りつけたのは長子さんの弟の富岡茂永容疑者(56)と知人の女と見られ、いずれもすぐ近くで血を流して倒れているのが見つかり、まもなく死亡しました。

現場は、東京メトロの門前仲町駅から300メートルほど東の住宅街で、近くには血のついた日本刀やサバイバルナイフが複数落ちていていたということです。

これまでの調べで、茂永容疑者が女と一緒に長子さんや運転手を襲ったあと、さらに女を殺害して自殺したと見られるということです。

警視庁は、殺人の疑いで詳しいいきさつを調べるとともに、家族間のトラブルがあったと見て捜査しています。

事件を目撃した男性「驚いている」

事件を目撃した近所に住む30代の男性は「神社の近くの道路にスーツ姿の男性がうずくまるようにして倒れていたので、急病人かと思って様子を見に行ったら、右の脇腹のあたりが30センチくらい切れていて、血が出ていた。日頃からなじみがあるところなので、驚いている」と話していました。

また、この男性と一緒にいた30代の女性は「男性が倒れていた現場に警察官が来ていて、刀を持った女性が立ち去っていたと聞いた。下町でふだんは静かな場所なので、こんなことが起きてただただ言葉がない」と話していました。
富岡長子さんと長子さんの弟の茂永容疑者の幼なじみの男性は、長子さんについて、「子どものころから頭の回転が速い人で、大人になってからは富岡八幡宮の事務的な部分を取りしきっていた。急にこんなことになって驚きというか言葉にならない」と話していました。
また、茂永容疑者については「子どものころから活発でやんちゃな人で、父親から宮司を引き継いだが、さまざまなトラブルがあって宮司を解任されたと聞いた。最近はどこに住んでいるかもわからなかった」と話していました。