原子力規制委の更田委員長 福島を就任後初訪問へ

原子力規制委の更田委員長 福島を就任後初訪問へ
原子力規制委員会の更田豊志委員長は、今月14日から福島県内の自治体を訪れ、廃炉の状況や周辺地域が抱える課題について市町村長らと意見を交わすことになりました。更田委員長の福島の訪問はことし9月に就任してから初めてです。
原子力規制庁によりますと、原子力規制委員会の更田豊志委員長は来週、福島県を訪れ、原発事故の避難指示が続いたり、一時、出されていたりした自治体など、福島第一原発周辺の14の市町村長と面会することになりました。

この中では、福島第一原発の廃炉作業や汚染水対策の状況を説明し、住民の不安や生活面での課題などについて、意見を交わす予定です。更田委員長が福島県を訪ね、市町村長と意見を交わすのは、ことし9月に就任してから初めてで、2年前、今回と同様に面会した田中俊一前委員長も同行するということです。

更田委員長らは今月14日と15日の2日間、飯舘村や南相馬市など7つの市町村を訪れ、年明けに残る自治体を訪問する予定です。更田委員長は「いまだ避難している方が大勢いるなかで、福島の人たちがどんな不安を感じているのか率直な意見を聞きたい」と話しているということです。