トランプ大統領 アジア歴訪の成果を強調

トランプ大統領 アジア歴訪の成果を強調
就任以来初のアジア歴訪を終え帰国の途についたアメリカのトランプ大統領は、大統領専用機の機内で歴訪を振り返り、総額30兆円を上回る商談をまとめたことに加え、同盟国の日本だけでなく、中国やフィリピンをはじめとする東南アジア諸国の首脳と関係を強化することができたとその成果を強調しました。
トランプ大統領は14日、ASEAN=東南アジア諸国連合の一連の首脳会議が開かれたフィリピンのマニラから、大統領専用機「エアフォース・ワン」で帰国の途につき、アジア歴訪の日程を終えました。

大統領専用機の機内で、トランプ大統領は今回の歴訪を振り返り、「本当にすばらしい12日間だった。たくさんのすばらしい友人ができた」と述べ、同盟国の日本や韓国だけでなく、中国やフィリピンをはじめとする東南アジア諸国の首脳と関係を強化することができたと強調しました。

また、記者団からのアメリカ国民に1つだけ成果を伝えるならばという質問に対して「3000億ドルの商談をまとめたことだ。これはすぐに4倍になると思う」と述べ、日本円にして30兆円を上回る商談をまとめたことを成果として挙げました。