ASEAN関連首脳会議 北朝鮮に厳しい姿勢で一致

ASEAN関連首脳会議 北朝鮮に厳しい姿勢で一致
フィリピンで開かれていたASEAN=東南アジア諸国連合関連の首脳会議は14日夜閉幕し、北朝鮮の核・ミサイル開発に対しては各国が厳しい姿勢を示すことで一致した一方、中国が拠点構築の動きを強める南シナ海の問題では中国のペースで議論が進み、この地域における影響力が強まっていることを改めて印象づけた形となりました。
フィリピンの首都マニラで13日から開かれていたASEAN関連の首脳会議は14日夜、すべての会議を終えて閉幕しました。

会議では核・ミサイル開発を加速させる北朝鮮への対応が主要なテーマとなり、ASEAN10か国の首脳会議やアメリカや日本、中国なども参加した東アジアサミットでも各国が北朝鮮に厳しい姿勢を示すことで一致しました。そのうえで、それぞれの会議の成果として、北朝鮮による核や化学兵器などの大量破壊兵器や弾道ミサイル技術の開発に深刻な懸念の表明や非難をする議長声明を出す方向で最終的な調整が行われています。

一方、南シナ海の問題については、ASEANの首脳会議の議長声明で、中国をけん制するためにこれまで使われてきた「懸念」の文言が含まれていない草案をもとに調整が進められるなど、ASEANのなかで巨額の経済支援をちらつかせる中国に配慮する姿勢が目立ちました。一連の会議でも南シナ海の問題は中国のペースで議論が進み、この地域における中国の影響力が強まっていることを改めて印象づけた形となりました。

トランプ大統領に一定の評価と警戒感

アメリカのトランプ大統領のアジア歴訪について、ASEAN=東南アジア諸国連合の中では、トランプ大統領がこの地域に関与していく姿勢を示したことに一定の評価をする声がある一方、アメリカ第一主義のもとで2国間の貿易協定の締結を目指す考えを強調したことについては、警戒感も出ています。

これまでのところ、トランプ大統領が東アジアサミットに出席せずに帰国したことについて問題視する声はあがっておらず、マレーシアのナジブ首相は地元の記者に対し、「トランプ大統領は、そもそも欠席するはずだった東アジアサミットに出席するため、滞在を1日延ばしていた。これは、アメリカにとってのASEANの重要性を示したものだ」と述べました。

一方で、トランプ大統領がアメリカ第一主義のもとで2国間の貿易協定の締結を目指す考えを強調したことについては、ASEANが目指す多国間の貿易の枠組み作りに相いれないものだとして警戒する声も出ています。

韓国大統領 北朝鮮へ制裁や圧力強化必要で一致

ASEANなどとの首脳会談を終えた韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領は14日夜、マニラで記者団に対し、北朝鮮の核・ミサイル開発の問題について「ASEANの国々と問題の平和的な解決に向けて制裁や圧力を強めることが必要だという立場で一致した」と述べました。そして「中国とロシアも、北の核保有は認めず、国連安全保障理事会の制裁決議を徹底的に履行すると約束したことは、解決に大きく寄与するだろう」と述べ、一連の首脳会議を通じて、各国が足並みをそろえて北朝鮮と向き合うことを確認したのは大きな成果だったと強調しました。

またムン大統領はベトナムでの中国の習近平国家主席との首脳会談について「両国関係の新たな出発点とすることで合意した」と強調し、来月のみずからの訪中で関係改善をさらに確かなものとすることに意欲を示しました。

その一方、アメリカのトランプ大統領が「米韓同盟は自由で開かれたインド・太平洋地域の軸だ」という構想を打ち出したことについては「アメリカ側の考えについてもう少し説明を受ける必要がある」と述べて改めて慎重な姿勢を示し、米中のはざまで難しいかじ取りを迫られていることをうかがわせました。