希望新執行部発足 党の結束 課題に

希望新執行部発足 党の結束 課題に
k10011223741_201711150614_201711150616.mp4
希望の党は14日、東京都の小池知事が代表を辞任し、玉木新代表のもと、新しい執行部を発足させました。ただ党内には新代表の決め方に批判が出ているほか、路線をめぐる意見の違いも残っていて、党の結束を図れるかどうかが課題になります。
希望の党は14日の両院議員総会で、新しい執行部の発足を受け、東京都の小池知事が都政に専念したいとして、代表を辞任し、後任に推した玉木共同代表の新代表就任が承認されました。小池知事は「玉木執行部の船出を見届けて、創業者の責任を1つ終えた」と述べました。

また玉木新代表は「衆議院選挙で掲げた寛容な改革保守という立ち位置は、引き継がれており、変わるものではない」と述べ、小池知事の路線を継承する考えを強調しました。

ただ党内には新代表の決め方について、共同代表を決める選挙で敗れた大串博志氏が「小池氏が玉木氏を推挙した根拠が分からない。オープンに決まることが大切なのに、唐突感と違和感がある」と述べるなど、批判が出ています。

また、党の設立メンバーの長島昭久氏が政策調査会長に、細野元環境大臣が憲法調査会長にそれぞれ起用されたことを踏まえ「政策で独自色を出しても行き詰まる」として、立憲民主党などとの連携を求める声が聞かれるなど、路線をめぐる意見の違いも残っていて、党の結束を図れるかどうかが課題になります。