日経平均株価 5日連続で値下がり

日経平均株価 5日連続で値下がり
14日の東京株式市場は、当面の利益を確保しようとこのところ高値の水準にあった株式を売る動きが出て、日経平均株価はわずかに値下がりしました。
日経平均株価、14日の終値は、13日より98銭安い、2万2380円1銭となり、5営業日連続で値下がりしました。

東証株価指数=トピックスは、4.62下がって、1778.87。

1日の出来高は17億3579万株でした。

市場関係者は「きょうは値下がりした電機などの銘柄を買い戻す動きが先行したが、午後になって当面の利益を確保するため、売り注文が広がり株価は値下がりした」と話しています。