日馬富士が貴ノ岩に暴行か 日本相撲協会が調査へ

日馬富士が貴ノ岩に暴行か 日本相撲協会が調査へ
k10011222561_201711141031_201711141033.mp4
大相撲九州場所を頭蓋底骨の骨折などで休場している平幕の貴ノ岩について、けがの原因が横綱・日馬富士による暴行の疑いがあることがわかり、日本相撲協会は緊急の会合を開いて事実関係の把握を急いでいます。
貴ノ岩は九州場所を初日から休場し13日、相撲協会に頭蓋底骨の骨折や脳震とうなどのため2週間の治療が必要という診断書を提出しました。

このけがについて相撲協会の複数の関係者が「秋巡業中の先月26日に行われたモンゴル出身力士の親睦会で、日馬富士がビール瓶で貴ノ岩の頭を殴った」と話していることがわかりました。

これを受けて日本相撲協会の八角理事長や日馬富士の師匠の伊勢ヶ濱親方など協会の幹部は14日午前10時ごろから福岡市の福岡国際センターに集まって緊急の会合を開き、事実関係の把握を急いでいます。
日馬富士はモンゴル出身の33歳で平成13年初場所に初土俵を踏みました。軽量ながらスピードのある立ち合いと気迫あふれる取り口で番付を上げ、平成16年春場所で十両に昇進、その年の九州場所で新入幕を果たしました。

同じ頃に入門した白鵬や稀勢の里などとともに番付を上げ、平成21年初場所で大関に昇進。その年の夏場所に初優勝を果たしました。

平成24年には名古屋場所から2場所連続の全勝優勝を果たして、第70代横綱に昇進しました。
横綱に昇進したあとはひじのケガなどに苦しみながらも優勝を重ねました。

先場所は4横綱の中でただ1人休場せず、9回目の優勝を果たして横綱の責任を果たし、横綱審議委員会から「きつい思いをしながらも頑張り通した気力には敬意を表さなければいけない」と評価されていました。
貴ノ岩はモンゴル出身の27歳、今場所の番付は東前頭8枚目です。

高校相撲の強豪鳥取城北高校に相撲留学し、元横綱・貴乃花が師匠の貴乃花部屋に入門、平成21年の初場所で初土俵を踏みました。

平成24年の名古屋場所で十両に昇進し、平成26年の初場所貴乃花部屋から初めて新入幕を果たしました。

右四つの相撲に安定感と力強さが加わり、去年の名古屋場所では優勝争いに絡む活躍を見せるなど幕内に定着しています。

日馬富士 迷惑かけたこと深くおわび

横綱・日馬富士は、14日の稽古の後、報道陣の取材に応じ、「貴ノ岩のけがについては貴乃花親方、貴乃花部屋後援会の関係者、相撲協会などに大変迷惑をかけたことを深くおわび申し上げます」と述べ謝罪したものの、暴行については「親方が帰ってきてから答えます」と話すにとどまりました。

大相撲 過去の暴行事件

大相撲では平成19年に時津風部屋の序ノ口力士が名古屋場所前に宿舎で当時の師匠や兄弟子にビール瓶で顔や頭などを殴られる暴行を受け死亡する事件が起きました。

この事件では当時の時津風親方が日本相撲協会から解雇処分を受け、その後、傷害致死などの罪で有罪判決を受けました。

さらに平成22年には当時の横綱・朝青龍が、酒に酔って知人の男性に暴行しけがをさせた事件が発覚して現役の横綱が責任をとって引退する事態に発展しました。
朝青龍は、その後傷害の疑いで書類送検されました。

日本相撲協会では、たび重なる暴行事件を受けて講習会を実施するなど再発防止策を進めてきましたが再び現役の横綱に暴行の疑いが持ち上がる事態となりました。