トランプ大統領 北朝鮮問題解決でロシアと関係改善に意欲

トランプ大統領 北朝鮮問題解決でロシアと関係改善に意欲
アジア歴訪中のアメリカのトランプ大統領はベトナムで記者会見し、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮の問題を解決するため、ロシアとの関係を改善することに意欲を示しました。
就任以来初のアジア歴訪を行っているトランプ大統領は12日、ベトナムでクアン国家主席と会談し、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮への圧力を最大限まで高めることで一致したほか、南シナ海での領有権問題をめぐって対立する中国とベトナムの仲介を行うことを提案しました。

共同記者会見でトランプ大統領は「解決しなければならないことがたくさんあるので、私はロシアと仲よくしたい」と述べ、北朝鮮の問題を解決するためロシアとの関係を改善することに意欲を示しました。

一方、去年のアメリカ大統領選挙にロシアが干渉したとされる問題についてトランプ大統領は、「プーチン大統領は干渉しなかったと信じていると思うが、私はアメリカの情報機関を信じる」と述べました。

また、トランプ大統領は北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長についてツイッターに、「私は懸命に彼の友人になろうとしている」と書き込んだことについて、「奇妙なことかもしれないが、可能性はある。実現すれば北朝鮮にとっても世界にとってもいいことだ」と説明しました。
就任以来初のアジア歴訪を行っているトランプ大統領は12日、ベトナムでクアン国家主席と会談し、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮への圧力を最大限まで高めることで一致したほか、南シナ海での領有権問題をめぐって対立する中国とベトナムの仲介を行うことを提案しました。

共同記者会見でトランプ大統領は「解決しなければならないことがたくさんあるので、私はロシアと仲よくしたい」と述べ、北朝鮮の問題を解決するためロシアとの関係を改善することに意欲を示しました。

一方、去年のアメリカ大統領選挙にロシアが干渉したとされる問題についてトランプ大統領は、「プーチン大統領は干渉しなかったと信じていると思うが、私はアメリカの情報機関を信じる」と述べました。

また、トランプ大統領は北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長についてツイッターに、「私は懸命に彼の友人になろうとしている」と書き込んだことについて、「奇妙なことかもしれないが、可能性はある。実現すれば北朝鮮にとっても世界にとってもいいことだ」と説明しました。